フレーミング!

そして、この間に、基礎工事が完了し、フレーミングがどんどんすすんでいます。
家の床が立ち上がっただけで、基礎の壁の高さと床(根太の厚さ30センチです 強さと断熱材の厚さを表しています)がたった時点でかなり高い!と言う印象ですが、もちろん壁がたつとどんどん高さが増していきます。
c0140100_103392.jpg

c0140100_1033447.jpg


なんだか迷路みたいでしょ?
何本かたっている柱は大きな梁を支えるものです。私達は2x6工法(2x6とは外壁に使う間柱のサイズです。4でなくて6なのは、強度はもちろんですが、断熱材の厚さの必要性を考えています。面と面で支えて箱を作っていくやり方で、在来の点と点、と言う方法と大きく違います)ですが、在来工法(アメリカではポストアンドビーム工法、柱と梁工法、と言います)のやりかたも入っています。
何でもいいところを取り入れるのがJのやり方です。
c0140100_104359.jpg


この壁は二階の壁と一体になっているので高いのです。
c0140100_108252.jpg


私達の看板もしっかり立ててくれました。
[PR]
by 2112naomi | 2010-12-14 10:14 | いえについて
<< 梁 基礎工事 >>