Relay for Life in Oita

家の話題ではありませんが。。。

9月に入り、ピンクリボンの催しものの広告が気になる日々でした。大分では何もないんだろうな〜と思っていた矢先、病院からのお知らせが届きました。

ここで補足ですが、わたくしのブログなぜpinktiesであるかというと、乳がんのサバイバーであるからなのです。告知された時のショックや手術を終えてもまだまだ心の傷を乗り越えられない人が多く、そんな人たちが自分の気持ちを話すことによって少しでも楽になれば、と人づたえで紹介していただく人に会ったりもしていました。結局はこちらが勇気づけられることが多いのですが。
乳がんはピンクリボンですが、アメリカでは黄色の色ががんのサバイバーの色となっています。Livestrongという自転車レーサーのルイス アームストロングが始めたもので、一度勉強会に参加しましたが、講演会など涙が出る程勇気づけられました。
詳しくはまた他の機会に。。。

今年の大分医大の学園祭にかぶせてリレーフォーライフ大分が催されます。
10月11日一時より12日の1時まで。24時間のウォークラリーです。これはがん患者、家族、友人、だれでもサポートしてくれる方に参加していただき、サポートを示し、寄付をつのるイベントです。
私がちょっと気になったのは、会場が医学部のグラウンドであること。同じところをぐるぐる回ることで、外の人にアピールできるのでしょうか?でも安全などを考えると仕方がない?

まだまだがんという病気自体日本では恐ろしがられているようです。
アメリカでは、サバイバーの人は周りの人に自分が乗り越えてきたことをシェアするために公表し、することによって「おめでとう!(よく乗り越えたね)」と言われてびっくりすると同時に心強く思ったりしましたが。
また、みなさんの考えるところなどお返事下さい。
そして参加を考えられる方はお声かけて下さいね〜
[PR]
by 2112naomi | 2008-09-17 09:15 | わたくしごと
<< 遅くなりましたが Exciting! >>